いろいろありました。

ずいぶん久しぶりになってしまいました。


10月、11月は自分の運気の?「切り替えの時期」だったのか、
いろいろなことが変化していく2か月でした。

その中で、看板犬でもあるうちのワンコが
思わぬ病気にかかっていることがわかり、
精神的にとても落ち込みました。
ワンコは8歳から病気が多くなる・・・とは聞いていましたが、
まさか、本当になるとは!!!(9歳半です)
愛犬の病気が、私にとってはとても大きなストレスだったようで
何を食べてもおいしくなく、
テレビを見ても、人と会っても、どんよりとした気持ちが治りませんでした。
幸い、今すぐに死んでしまうような病気ではなかったのですが
薬を飲みながら、病気とうまくつきあっていくことになりました。
今思えば、病気になったことが落ち込む理由ではなく
そのときの獣医さんの対応、言い方などが、
飼い主の神経を逆なでする態度だったからだと、わかりました。

本当に落ち込んでいる真っ最中に、
偶然、地元の友達に久々に会いました。
友達があまりにおかしなことを話したので、
歯を出してゲラゲラ笑ったのですが、
そのとき、私はずっと笑っていなかったことに気がつきました。
毎日毎日が必死で、
その日、その時のことだけしか考えていなかったんだな~と気づきました。
それ以降、ちょっとずつ、ちょっとずつ、気持ちが上向いていきました。


12月に入り、やっと「モデル」ができる心境になり、
3人のカメラマンの被写体になりました。
私は「宣伝・広告」などの、その場限りのモデルの仕事よりも
「作品」を作るようなアートの要素のあるモデル活動のほうが好きで、
私に向いているということがわかりました。
そこでモデル事務所からの仕事はおことわりし、
一緒に作品を作ってみたいという方を個人的に探して、
被写体になることをやってみました。
実は、これが簡単なようで意外とたいへん・・・・。
撮影者はそれぞれにこだわりがあり、
私もそれに合わせて臨機応変に対応。
ファッションも毎回、2パターン以上のコーディネートを考え
ロケ地に行き、そうとうな集中力で撮影。
やればやるほど、自分自身のハードルが上がってきて
なかなか満足のいく出来にならなくなって・・・・。
今は、「アップの時のカメラ目線での表情」が自分としての課題です。


上記のような状態の時でも、たいへんありがたかったのは、
レンタルスペースの利用のお客様がずっと順調だったことです。
今年3月から開始したネット予約を併用することで、
単発利用のお客様の利用が確実に増えました。
部屋を貸す仕事は、単純な仕事に思われがちですが
実は、表からは見えない部分で気を使うことが多いのです。
体が疲れてしまって、たいへんな時もありましたが
来てくださる方がいることが、どれだけありがたいことかと思い、
なんとか乗り切りました。

来年も、新しい目標や楽しみを見つけて
がんばっていきたいです。


12月の撮影
① 代々木公園(ベトナム向け)
画像

画像



② 上野公園付近
画像

画像



③ 埼玉県狭山付近
画像

画像

画像



これらの写真は、別のサイトにまとめています。
ぜひ、ご覧ください。
http://mariekaylove.at.webry.info/









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント